かえってきてよ 。 

どうしようもない

だって いないんだ
いないんだ 『ぼく』
あたしは 『ぼく』がすきだけど
『ぼく』が みあたらないんだ






そんなふうに
さがそうとするのは
あたしが ふと
あいたくなったときだけ

じっさいに
しゃかいにでて
それにむかうのに
せいいっぱいのときは

『ぼく』のすがたを
わすれていることに
ほっと あんどするの







あたしが こんなんだから
『ぼく』は きっと
かなしくなっちゃったんだ

だからきっと
あたしをすてるんだ

きっと
あたしへのばつなんだ






どうしようもないよ
だって いないんだから
こんなところがあったって
ねぇ どうしようもないよ
ここは『ぼく』のへやなんだから






かえってきてよ
あたしのたいせつなこころ
あたしのたいせつな
うちがわを まもるもの






かえってきてよ
あたしが すてそうななにか
ここには ちいさな
あしあとしかなくって







かえってきてよ
関連記事
スポンサーサイト

[2009/10/18 14:37] 羽天菜からぼくへ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatenakokoro.blog34.fc2.com/tb.php/362-3a1a27a9