しっていたよ 

ぼくは しっていたんだよ
あのとき ぼくは
きっと わらわれたんだ ってことくらい

ぼくは しっていたんだよ
あのとき ぼくは
きっと まちがえたんだ ってことくらい

ぼくは しっていたんだよ
ぼくをみつめる しせんのいろも
その おんども その するどさも

ぼくが しらなかったのは
どうして そうなのか
なにが どうなのか

そう その なかみだけ
なかみだけが わからなくて
だまって しらないふりをするほか
どうしようも できないでいるんだよ
関連記事
スポンサーサイト

[2012/03/17 03:39] ぼくのせかい 。 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatenakokoro.blog34.fc2.com/tb.php/447-250e3398