ちがう 






ちがうよ ぼくは
ふこうへいじゃない

ふこうへいっていうのは
ぼくの いちばんきらいなことばだよ

ぼくは えらばない
なげるものの かたちも
なげるなにかの ゆくえも

きみたちのことは
ほかのひとたちと おんなじくらい
すきで きらいで
なんとも おもっていないよ

さらりと すきで
さらりと きらいで

さらりと なんとも
おもってないよ





ねぇ そうじゃないと
そうじゃないと いけないんじゃないの?

ぼくは かみさまだから
ぼくは こうへいじゃないといけないから

おんなじくらい すきで きらいで
なんとも おもっていない っていうのを

まもりつづけなくちゃ
いけないんじゃないの?

だって ひとつのばしょだけ
とくべつに だいすきになっちゃったら
そこにだけ とくべつに
すてきなものを なげてあげたい って
おもうじゃない

そうじゃない どこかより
ずっとずっと たくさん
なげてあげたいって
ねぇ





そうなったら いけないから
そんなふうに おもっちゃったら たいへんだから

ぼくは ちゃんと
きみたちのことを
すきで きらいで
なんともおもってないって きもちを

きちんと きちんと たもっているよ

ぼくは ちゃんと がんばってる
ぼくのまもるべきものを
ぼくは ちゃんとまもってる

まもっているよ





関連記事
スポンサーサイト

[2013/09/06 12:10] かみさま | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatenakokoro.blog34.fc2.com/tb.php/479-8af96069