そのまま 






わからないままでも
あなたのまねして かれらのまねして
てをふって かおをあげて
あしをならして わらっていれば
いつか こきゅうをつかんで
うまく おどれるようになれるかな?

わからないままでも
わかったふりして きにしてないふりして
おとをきいて いろをよくみて
こわくないことにして うたっていれば
いつか そこにあるおんがくが
ぼくにも きこえてくるかな?

いつか ぼくをおきざりにした
しゃかいの かけらが
いまさら ぼくのてを ひいてあげようなんて
そんな しんせつをみせてくれて

でも それが すこしうれしいぼくは
そのてを すこしだけ
にぎってみようと おもうのだけど





わからないままでも
あなたのまねして かれらのまねして
てをふって かおをあげて
あしをならして わらっていれば
いつか こきゅうをつかんで
うまく おどれるようになれるかな?

わからないままでも
わかったふりして きにしてないふりして
おとをきいて いろをよくみて
こわくないことにして うたっていれば
いつか そこにあるおんがくが
ぼくにも きこえてくるかな?

ぼくは ひとのなかで
みんなのおどる おどりを
みんなのうたう おうたを
けんめいに まねしてうたおうと
してみるのだけど

いちど おきざりにされたぼくは
みんなのおどりが いったいどうなってるのか
ちっとも ちっとも わからなくて





まねっこ まねっこ それだけで
いっしょうけんめい おどってみても
ほんのちょこっと きをぬくと
すこし おかしいことを
してしまうみたいなの

まねっこ まねっこ それだけで
いっしょうけんめい うたってみても
ほんのちょっと きをぬくと
ひとりだけ おとをはずして





はずかしいな っておもって
きをぬかないように
きをつけても みるんだけど

しゃかいが てをひいてくれようと
ぼくを うけいれようと
してくれることが うれしくって

うっかり きをぬいて
うっかり はしゃいじゃって

おとといも しっぱい
きのうも しっぱい
きょうも しっぱい

あしたも しっぱい?




はずかしくって なさけなくて
ぼくには ぼくのそらがあるんだから
ぼくには ぼくのくまさんがいるんだから

ぼくは ぼくのそらに
にげてしまえばいい なんて
ああ ぼくは しっていて

それなのに それなのに
どこか どこか
あきらめきれなくて





かえれない
いまは かえれないよ





ああ あんなにも ぼくのそらは
ぼくにとって ばんのうで
やさしくて あたたかくて
どうしようもなく すてきなのに





関連記事
スポンサーサイト

[2013/09/07 15:21] ぼくのせかい 。 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatenakokoro.blog34.fc2.com/tb.php/484-53a2105e