なかま 

あたしは せかいも ひとも
わからない なんてもう あたりまえで

そんなこと もう
くちにだしたり しない。



わかってる ような
そんな かおしてる だれかが

ほんとうは あたしと
たいしてかわらないのか

ほんとうに なんでも
わかっていたり するのか

よく わからないけれど。



あたしは ときどき あたしとおなじように
わからないながら てさぐりでいきている
ほかのだれかを
みつけたくて みつけたくて

きがくるいそうな ここちになる。



くちにだしたりなんか しない。
とざされた 『あたし』のなかで。

どこかに なかまは いませんか?
あたしの なかまは いませんか?

しったかぶりで じぶんをささえながら
こんらんのなかに いきている
あたしの なかまは いませんか?

関連記事
スポンサーサイト

[2014/09/17 01:28] ひとりごと。 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatenakokoro.blog34.fc2.com/tb.php/510-a9fcfe58